《子どもに海外経験を!》海外旅行?親子留学?それとも教育移住?網羅的に検討

まなび

国境を越えて人や社会と関わることの出来る力がますます求められているようなこれからの時代、子どもたちには早くから日本以外の世界に慣れ親しんで欲しいと願う親御さんも多いと思います

私自身も子どもの頃何度も北米でホームステイやサマースクールを経験し、またその後10代から長く海外で過ごしたことから、若い頃の海外経験が価値観や言語習得にもたらすインパクトや大切さを実感しています。そして、今日本で暮らす自分の子どもにも、なるべく早い段階から、一定の頻度で海外経験をさせたいと考えているところです。

そこで、未就学児~小学生くらいの子どもに海外経験をさせるための方法について、リストアップしてみました。

今や日本国内にいても、英語にどっぷりつかったり異文化交流をする機会は求めればたくさんあります。しかし、24時間連続して異文化環境・異言語環境で生活をすることは、国内での経験では補えないインパクトで子どもの視野を広げてくれるに違いありません。

こちらの記事では、そうした国内のオプションではなく、海外に行くことを想定した代表的な選択肢を網羅的に検討しています。

子どもの年齢や予算に合わせて、取り入れられそうな方法を検討してみましょう!

親同伴か子ども単身か

まず、小学生以下の幼い子どもが海外経験を得る方法には、大きく、親同伴で行くパターンと、子どもだけで行くパターンが考えられます。

一般的に考えて、幼少期に海外に行く場合、特に年齢が低いほど、親同伴で行くことになり、子どもが単身で海外に行けるのは、どんなに早くても小学校に入ってからでしょうか。

また、行き先国により、子ども単身での留学が許可される年齢が異なり、多くの西欧諸国では8~10才前後からしか許可されないようですので、それらの国を検討する場合は、必然的に親同伴で行くことになります。

親同伴と子ども単身のそれぞれのケースで、最も代表的な海外渡航パターンは以下の6つです。

  • 親同伴
    • 海外旅行
    • 親子留学
    • 教育移住
  • 子ども単身
    • ホームステイ
    • サマースクール・サマーキャンプ
    • 留学(全寮制)

では、一つずつ見ていきましょう。

親同伴の場合

海外旅行

海外旅行も子どもにとっては貴重な世界への関心を育む機会

 「旅育」という言葉があります。

その意味は文字通り、「旅を通じて育む」ということのようですが、観光マーケティングを専門とする森下晶美教授(東洋大学)によると、「旅は人間性の成長を促すとする考え方で、旅によって得られる知識や興味・価値観の広がり、共感力を人の成長に役立てようとするもの」と定義されているようです。

森下教授の調査によると、子ども時代に家族旅行の経験が多かった人ほど、自主性やコミュニケーション力が高く、精神が安定しているということがわかったそう。

これはもちろん海外旅行にも当てはまるものでして、日本国内よりも非日常性が高まる海外では、子どもの五感がより刺激され、異文化への関心や理解、適応がより促進されるのではないでしょうか。

ただ単にファミリー向けのリゾートホテルに宿泊し、外国の人に混じってプールに入ったり食事をしたりするだけでも大きな刺激になると思いますが、より現地の文化に触れられる環境や体験を取り入れたいと思っています。

例えば、ホテルに泊まる代わりにAirbnb等で家具付きのアパートを借りて、スーパーで買った食材を使って自分たちで料理をしたり街歩きを楽しんだりする生活体験をすること

必要な費用ですが、行き先や宿泊施設、航空会社や活動内容に応じて調整が出来るので、この記事で検討するオプションの中ではもっとも自由度が高く、個々人の予算に合わせてプランできるものだと思います。

親子留学

海外旅行の次のハードルが低いのは、親子留学ではないでしょうか。

最近では、未就学児からでも参加出来る親子留学も世界中で提供されています。

親子留学の形態にも様々なものがあります。親子で海外の家庭でホームステイをしながら、昼間は親も子も、または子どもだけが語学学校に通うとというパターンから、親子で語学学校の寮に宿泊するといったものもあります。

海外旅行とは違い、ホームステイ先や語学学校で、世界中の子どもたちと知り合いになれたり、現地で遊ぶ機会が得られることも魅力的です。

「留学」なので、昼間の活動のメインは勉強ですが、自由時間には親子で観光も出来るので、海外旅行の延長と捉えることも出来ますね。

期間は1週間~数週間が典型的ですが、1年近く滞在することも可能です。

受け入れ先も北米、欧州、東南アジア、中東(ドバイ等)等幅広い。民間の留学斡旋事業者から様々なプランが提供されています。

費用は、航空券代+宿泊費+学費がメインで、学費は250ドル~500/週/人が相場のようです。

教育移住

より長期的、本格的に海外経験をさせたい!ということであれば、教育移住が視野に入ります。

これは、子どもの教育をメインの目的とした、長期間の海外移住のことですが、観光ビザで許可される期間を超えた滞在であることや、家族の暮らしやすさ、仕事の見つけやすさ(または日本での仕事の継続のしやすさ)等、様々な条件を満たす必要があり、難易度は高めです。

ただし、年々、大富豪ではない、より一般的な経済水準の家庭の間でも関心が高まっているオプションではあるようです。教育移住に関する情報や移住先を斡旋する民間事業者も増えているようです。

行き先としては、上記の条件を満たすような国が候補に挙がります。

日本人にとっては、アメリカやイギリス等の西洋文化・純英語圏ももちろんのこと、シンガポールやマレーシア、フィリピン等、英語が盛んに使用されているアジアの多民族国も人気が高いようです。

↓参考↓

「教育移住」ってどうやるの? 可能性のある国や手続き、当事者に訊く体験 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

子ども単身の場合

ホームステイ

子どもが単身で海外に行けるようになるのは、早くても小学校に入ってからと考えたほうが良さそう。選択肢としてまず考えられるのは、1週間~短期間のホームステイです。

ホームステイでは、現地の家庭に預かってもらい、日中は各家庭が用意する活動や、現地の語学学校・斡旋期間が提携する様々な活動に参加して過ごすことが多いようです。

1週間~数週間のホームステイは最もオーソドックスな子どもの海外体験方法なので、無数の事業者から世界中の幅広い渡航先でのプログラムが提供されています。

訛りのないスタンダードな英語に触れるには米国・カナダ・イギリスが王道ですが、少し費用を抑えるのであればマレーシアやフィリピン、シンガポール等、東南アジアも人気のようです。

サマースクール・サマーキャンプ

世界中の子どもたちと同じ教室で学ぶ体験は子どもの世界観を変えること間違いなし

小学生以上の子どもにスタンダードなもうひとつの海外体験は、現地の学校(主に寄宿制)が主催しているサマースクールへ参加することです。

特に欧米の学校は夏休みが長いので、その間空いたキャンパスを利用し、普段正規で通う生徒とは別に、同じ国の外部や海外の留学生向けに数週間のプログラムを提供しています。通常、規定の料金を支払えば試験等を受けなくても誰でも参加することが出来ます。

サマースクールでは、学校によっては留学生は留学生向けのプログラムに参加することになりますが、現地の学生と寮生活を送り活動を共にする機会が豊富にあるプログラムもあります。

欧米では一般的にサマースクールは中学生~が主流となるようですが、小学生から参加出来るサマースクールもあり、また日本からの参加も年々増えているようなので、子どものやる気と一定の自立心が整えば、検討してみたいものです。

気になる費用の方はやはりお高めです。プログラムにより大きな幅がありますが、北米の場合、1週間20~40万円、2週間30~80万円くらいが相場のようです。プログラム参加料の他、往復の航空券代(20~30万円)が必要です。

留学(全寮制)

子どもが単身で本格的に海外で教育を受けることを検討する場合、全寮制の現地校への留学が視野に入ります。

小学生から受けれているボーディングスクールは、中高生向けボーディングスクールと比べ、世界でも少ないのが現状です。

小学生では、まだ両親と共に生活する中で育まれる家族との絆や基本的な生活習慣等が重視され、親元を離れて寄宿制の学校で生活するには「まだ早い」とする考え方も根強いためです。

ただ、北米や欧州の一部の国には、小学生から受け入れを行うボーディング・スクールも存在します。

例えばアメリカには、小学生から受け入れを行うジュニア・ボーディングスクールという学校があります。全米で11校しかないそうですが、一般的に7年生(中1生)から9年生(中3生)までの生徒が在籍しています。中には、小学校低学年から受け入れている学校もあるようです。

こうした学校へ小学生の子どもを単身で預けることには、大きな決断を伴うでしょう。しかし、もしその後も子どもをグローバルな教育環境で育て、中学・高校から欧米のボーディング・スクールや名門大学への進学を視野に入れるのであれば、早い時期から異文化に触れ、英語を習得することに大きなメリットがあるとも考えられているようです。

費用については、近年は高騰を続け、年間500~1,000万円(!)が相場とも言われています。

金銭的な面からも、誰もが取り得る選択肢でないことは明らかなようです。。。

まとめ:海外経験のカタチは、教育の大きな方向性と子どもの意欲を尊重して決めたい!

ここまで、幼児~小学生の海外経験パターンを見てきました。

どのような方法で子どもに海外経験をさせるかは、現実的には各家庭の予算との兼ね合いで決まる部分が大きいかもしれません。しかし、特に数ヶ月以上の長期滞在となると、帰国後の進路にも影響しかねないため、長期的な教育の方向性を踏まえて検討するのが良さそうです。

また、何より、普段と大きく異なる環境・文化に飛び込むことに対する子ども意欲や心の準備、単身で行く場合は最低限身の回りのことが出来る等自立しているか、っも問われるでしょう。

我が家では、まずは海外旅行で世界に対する子どもの関心や免疫を高め、いつ、どのように本格的に海外滞在させるのが良いのか、引き続き検討する予定です⭐︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました