【2歳児旅行】冬の南紀白浜は予想以上に良かった!(1/3)- 旅程&アクセス編

おでかけ

南紀白浜は1泊2日でも十分楽しめる

長女がもうすぐ2歳になろうかという2019年の年末、出産後初めて、本格的な家族旅行をしました。行先は、和歌山県の南紀白浜です。

最初は沖縄県の宮古島へ行く予定でホテルも予約していたのですが、出発の2か月ほど前に行先を変更することにしました。が、その時点で、すでに人気の旅行先は予約で埋まっており(そりゃそうだ)、幼子を連れて親ものんびり楽しめそうな場所を探し、行きついたのが南紀白浜なのでした。

関東ではあまり知られていない南紀白浜は、関西ではアドベンチャーワールドと海水浴が有名で、もっぱら夏の家族旅行先というイメージがあります。

しかし、ブログ等を調べてみると、アドベンチャーワールドは屋内のアクティビティも多いため冬でも楽しめることや、むしろ夏ほど混んでないのでパンダがゆっくり見られる等の口コミがあり、見てみるとホテルもまだまだ空いていたので、「これは穴場だ!」ということで決定しました。

今回は1泊2日で、関西に住む妻側の両親も招待し、彼らには自家用車で来てもらいました(子連れのときは大人が多い方が楽ですからね!)。なので現地での二次交通を心配することなく、自由に行動することが出来ました。

1泊2日の旅程はこんな感じです↓

1日目
 10:25 羽田発
 11:45 南紀白浜着
12:15~ アドベンチャーワールド
18:00 白良荘グランドホテル着
2日目
10:00 チェックアウト
~11:00 ホテル前の公園&白良浜で遊ぶ
11:30 京都大学 白浜水族館
12:00 番所山公園
13:00 ランチ@とれとれ市場
14:00 エネルギーランド
16:00 千畳敷
16:30 三段壁

羽田→南紀白浜はお天気が良ければ絶景

東京から南紀白浜へ行くのに最も便利な手段は飛行機です。南紀白浜アドベンチャーワールドのすぐそばにある南紀白浜空港へは羽田からの直行便があり、1時間半程で到着します。実はこちらの空港は、JALが運航する1日3便の羽田⇔南紀白浜間のフライトしか就航していない完全なローカル空港となります(今後は国際線を誘致する計画もあるようです)。

南紀白浜空港 時刻表,割引運賃,観光案内
南紀白浜空港の時刻表、バス時刻表、タクシーなどの交通手段や白浜温泉・熊野古道などの周辺観光案内

ちなみに東京から陸路だと、和歌山県は新幹線が通っていないので、約8時間かけて車で行くか、名古屋や京都・大阪に新幹線で行って、そこからさらに約3時間かけて特急電車等で行くしかありません。関東で南紀白浜の知名度や旅行歴のある人が少ない理由は、こうしたアクセスの悪さも大きく影響していると考えられます。

行きは羽田10:25発 →南紀白浜 11:45着のフライトで。元々宮古島へ行く予定を変更したこともあり、予算には少し余裕があったため、座席は迷わずクラスJにしていました。これまで特急電車や新幹線での移動の際、座席が狭かったり大人2人分しかないことで、子どもが愚図ったり寝るときに不便を感じていたので、少しでもゆったりしたいと思ったからです。

羽田→南紀白浜は太平洋沿岸に沿って飛ぶのですが、この日は快晴で、羽田を離陸した直後から、景色が非常にきれいでした!!この日は私たちが座っていた進行方向右側の座席に富士山が見えたのですが、それはもう絶景で、写真を撮るのに夢中に!

朝が早かったこともあり、長女は早々に寝てしまいました。

紀伊半島に近づく頃には、三重県の伊勢湾や英虞湾、熊野山地が近くに見え、とてもきれいでした。

そしていよいよ和歌山県の沿岸に差し掛かると、海のなんと透き通ったこと!!

飛行機の上からでもわかる透明感。海の底まで見えています。

和歌山の海がこんなに綺麗とは驚きました。

空港に到着。滑走路からもアドベンチャーワールドが見えます。

とてもこじんまりした空港です。

じいじとばあばと合流して、いざ、アドベンチャーワールドへ。

AWSを1日で効率良く楽しむには事前リサーチと計画が重要

南紀白浜アドベンチャーワールドは、1978年に設立された動物園、水族館、遊園地が一緒になったようなテーマパークです。関西地方では昔から、パンダやイルカの映像とともにオリジナルソング(「always together~♪」)が流れるテレビコマーシャルがおなじみですね。

東京では上野動物園でパンダの赤ちゃんが1匹生まれると大騒ぎですが、ここアドベンチャーワールドでは、2000年代に入ってからは2年に1度はパンダの赤ちゃんが生まれているんですねー。生まれたばかりや気候の良い時期はそれなりに混むようですが、上野動物園ほどではないようです。

アドベンチャーワールド公式ウェブサイトより
https://www.aws-s.com/animals/panda/

さて、そんなアドベンチャーワールドですが、広大かつ、ショーやパレード、ふれあいタイム等、決まった時間に開催されるイベントが醍醐味のテーマパークなので、限られた時間で効率良く楽しむには事前の計画が欠かせません。

当日現地に行ってから園内マップを見ながら歩くのでも良いのですが、広い園内では常に屋内外で様々なイベントが開催されており、漫然と歩いているだけでは見逃してしまいます。

せっかく行ったのに、アドベンチャーワールドでしか体験できない魅力的なイベントに参加できないのはもったいないので、是非、事前にライブアトラクションの種類や開催時間を一通りチェックしましょう。

ライブアトラクション・スケジュール|アドベンチャーワールド
アドベンチャーワールドの各ライブ・アトラクションのタイムスケジュールをご覧いただけます。

子どもがいると機敏に移動できないこともあるので、我が家では、必要に応じて一部の大人だけ先に移動して座席を取る等し、必ず見たいものが見られるようにしました。

結果、以下のような流れで園内を楽しみました。

12:30 ランチ順番待ち@センタードーム
  ↓
13:00 アニマルカーニバル
  ↓
13:30 ランチ
  ↓
14:15 マリンライブ「Smiles」
  ↓
15:15 ケニア号@サファリワールド
  ↓
16:00〜18:00 パンダ鑑賞、ふれあい広場、わんわんガーデン、その他遊具

ちなみに、アドベンチャーワールドには1日券に加え2日券があるので、1日では足りない!という方にはそちらもおすすめです。

実際、小さい子どもがいると素早く移動するのは難しいですし、2日に分けることでゆっくり園内を味わい尽くせたという声もあります。

18歳以上の1日券は4,500円ですが2日券は7,900円なので、お得ですね(2020年3月1日から料金改定予定だそうです)!!

こちらの2日券は、3日間のうちの2日入園可能で、1日目当日に限り1日券から差額での変更も可能なので、1日目の状況を見て判断しても良いかもしれません。

我が家はというと、2日にまたがる可能性も織り込んでいましたが、結果的に1日で「十分楽しめたね」となったので、2日目は別の観光地を周ることにしました(後述)。

次の記事ではいよいよ、アドベンチャーワールドで体験した各種ショーやアトラクションについてご紹介します!

【2歳児旅行】冬の南紀白浜は予想以上に良かった!(2/3)- アドベンチャーワールド編
ハイライトはペンギンのパレードとイルカのショー 午後12時過ぎ、いよいよアドベンチャーワールドに入園しました。(前回の記事はこちらから)到着してすぐに、お昼ごはんを食べようとセンタードーム...

コメント

タイトルとURLをコピーしました