雨の日の保育園の送り迎えに欠かせないアイテムはこれ!(0歳〜2歳)

共働きの日常

朝起きて雨が降っていると、途端に保育園への送迎がいつもにも増して過酷な重労働になりますよね。

生後すぐから保育園に預けている我が家では、まだ首も座らない時期から自転車に乗せられるようになった今に至るまで、あらゆる天候の中、毎日送迎を繰り返してきました。

今回の記事では、雨の日にマストだと感じたアイテムと選び方のポイント、おススメの商品をご紹介します。

子どもの成長に応じて雨の日に必要なアイテムも変わってくるので、是非この記事を参考に、先取りして準備をしてくださいね。

通勤にも便利な大人用のアイテム

抱っこ紐対応のレインコート(0~1歳)

0歳~1歳は、自動車通園でなければベビーカーまたは徒歩での通園が基本になると思います。
(都内の保育園では自動車での通園を認めていない園も多いです)

雨の日に抱っこ紐で通園する場合は、抱っこ紐ごとすっぽり覆い被せることの出来るレインコートが必要です。

普段はベビーカーで通園している場合でも、強風を伴う強い雨の場合は、抱っこ紐で通園する方が良いケースがあります。

雨の日は滑りやすく、一見ベビーカーの方が安定しているように思えます。しかし、ベビーカーは横からの風に弱いこと、シート部分を覆うレインカバーがあっても荷物部分に雨が吹き込むこと、レインカバーを嫌がる子どもも多いこと等、不都合な場合も多いのです。

↓こんなアンケート結果もあります↓抱っこ紐派がベビーカー派の2倍なんですね。

雨の日の外出、ベビーカー?抱っこひも?それとも……?【ママの本音のYES&NO】 - ママの気持ち、ホントのところ
「ママの本音のYES&NO」。Hanakoママの読者へのアンケートから、ママのリアルな気持ちを紹介します! わずらわしい雨の季節。お出かけは自分ひとりでも億...

なので、雨の日も抱っこ紐でお子さんをしっかり支えながら徒歩で保育園に送迎できるよう、抱っこ紐対応のレインコートは準備しておきたいですね。

自転車に最適なレインコート(1歳半~)

子どもを自転車に乗せられるようになると、一気に送迎が楽になりますね。

雨の日に自転車に乗る大人用のレインコートは、もちろん通常のレインコートや登山などアウトドアで使用出来るゴアテックス製のレインウェアを使用することも出来ます。

しかし、保育園での着脱のことや通勤のこと、自転車を漕ぐ姿勢や荷物のことを考えたときには、より便利な商品も存在します。

↓私が使っているのこれのピーチベージュ↓丈夫で可愛いです

保育園への送迎には、子どもの荷物を置く自転車のカゴがカバーされるタイプもおススメです。

レインブーツ(ロング・ショート)

大人用のレインブーツは、実用性を考えるとロングブーツが良いのですが、通勤服との相性や勤務先で履き替えることを考えると、ショートブーツもオススメです。

↓私はショート↓さっとはけてどんな洋服にも合います。勤務先で履き替えても場所を取らず袋にも入れられます◎

荷物カバー

地味なようでマストアイテムなのが、荷物カバーです。

ママの荷物がバックパックの場合は、抱っこ紐対応のレインコートを上に着ることで対応できるかもしれませんが、お子様の荷物やレインコートの下に収まらないものには、別途カバーが必要です。

ビニール素材で普段は折りたためるタイプのカバーをおススメします。

↓バックパックにも可愛いカバーがあります↓

0歳~2歳の子ども用のアイテム

歩ける前の0~1歳の子どもで、基本的に抱っこ紐やベビーカーで通園する場合には、レインコートやレインブーツはマストアイテムではありません。

歩き始めた子どもでも、自宅から保育園が子どもの足で数分以内の距離でなければ、雨の中を手をつないで歩いていくことは少ないのではないかと思うので、やはりマストではないです。

ただ、2歳を過ぎると、体が大きくなるので抱っこ紐で歩くことができなくなったり、子どもが自分で雨の中をウロウロ歩きたがることもあるので、レインコート・レインブーツが必要になります(傘は自分で安定的にさせるようになる3歳前〜)。

レインコート

オススメは、丈が長めでリュックサックの上からでも着られるタイプ。また、フードの縁が透明になっていて、視界を遮らないタイプです。

↓うちはこれ↓大人っぽい柄でエレガントでめちゃくちゃ可愛いです。お手頃価格なので薄めですが十分です。

↓トータルコーディネイト出来るKukka Hippoはやっぱり超可愛い↓

レインブーツ

レインブーツは、デザインが豊富にあるので、レインコートと合わせて楽しむのが良いと思うのですが、うちも含め保育園で圧倒的に人気なのはStampleのレインブーツです。

↓色が合わせやすく品質と価格のバランスが良いので、サイズアウトしてもリピートしてしまいます↓

↓他にも可愛いデザインのレインブーツが多数↓

その他

ベビーカー・抱っこ紐・自転車用のレインカバーは、各メーカー純正のものがサイズ感や品質等の点でやはり無難ではありますが、レインカバー自体を嫌がる子どももいるので、可愛い柄物やキャラクター物もおススメです。

ベビーカー対応のレインカバー

まとめ:雨の日のアイテムは先回りして準備

雨が降らない時期が長く続くと、なんとなく雨の日用の装備は後回しになってしまいがちですが、朝起きて急に強い雨が降っていると、途端に保育園への送迎に手間取り、仕事の開始時間が遅れるなど、1日のスケジュールに影響してしまいます。

また、準備していたと思っても、この間までは何ともなかった抱っこ紐やベビーカーのレインカバーを急に嫌がるようになるなど、子どもの成長や変化は激しく、代替方法の準備が欠かせません。

雨の日にどのようなアイテムが必要か、便利そうか、前もってリサーチし、準備しておけると、雨の日も慌てずに保育園の送迎が出来ますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました